内もも, 短期間, ダイエット

気になる内ももを短期間でダイエット!

 

女性が体型で気にするのは、当たり前です。

 

女性の多くが自分の体型を気にして、短期間でダイエットしようと頑張ってるのです((+_+))

 

中でも一番痩せるのが難しいと言われているのが「内もも」なのです。

 

ダイエットに成功したと喜んでいても、なぜか、太ももは変わらない。。(((・・;)

 

痩せたからと、スキニーパンツをはこうとおもっても、太ももでひっかかって履けない〜(ToT)

 

無理やりはいたとしても、太ももの部分でピチピチで歩くのも辛いぐらい。。。(涙)

 

 

スキニーパンツは安いしスタイルもよく見えるし、着こなしたいこは山々なんだけど。。。

 

と嘆いている女性の声をよく聞きます。

 

 

また、ミニスカートやショートパンツを履くと左右の内ももあたってしまう(*_*)

 

また歩くとプヨプヨなって、恥ずかしくて歩けない(*_*)

 

どうしてこの内ももは、太くなってしまうんでしょう??

 

内ももが太くなる原因

 

短期間で内ももをダイエットできる方法はあるのでしょうか?

 

 

原因は普段足にかけてる負担で太ももの太さもかわってくるのです。

 

 

高いヒールや自分に合わない靴、大きめの靴を普段はいていたりすると、足に大きな負担がかかります。

 

 

また足に負担がかかるとこにより、それを支えている体にも負担がかかります。

 

 

足に負担がかかると、それを支えようと、太ももの筋肉を使うようになるのです。

 

内ももや、外ももの筋肉を使うので、筋肉が発達して太くなってしまうのです。

 

また筋肉を使う場所には脂肪も蓄えようとする働きもおこります。

 

ですので、内ももを気にしてる方は、まず、足に負担をかけない自分にあった靴をはきましょう。

 

スタイルがよくみえるからと、無理に高いヒールの靴を履くことは、逆効果になってしまいます。

 

 

また、筋力が足りない場合でも、太ももに脂肪はついてしまうので、太ももは毎日動かさないといけません。

 

下半身は上半身よりも何倍もの脂肪がつきやすい傾向にあります。

 

足をうごかさないと、血行不良になり、脂肪や老廃物もたまり、太くなる原因になりす。

 

太ももに脂肪がつくと、順番に体全体がふっくらしてきます。

 

ですのて、内ももを太らさないことで、脂肪や老廃物をためないので、体全体のダイエットにつながるのです。

 

 

また太ももが太る原因として、立ち仕事をしている女性に多いと言われております。

 

 

夕方になると、太ももやふくらはぎがパンパンに腫れ上がり、むくんでいる状態になります。

 

動いていれば良いのですが、長時間同じ場所に立ちっぱしですと、血流が悪くなり、足に水分や老廃物がたまり、いわゆるむくみ状態になります。

 

販売のレジの仕事や、ウェイトレスなど女性の仕事は立ち仕事が多いですよね。

 

また、むくみは立っていることだけが原因ではなく、水分の取りすぎや塩分の取りすぎ、冷え性、ストレスなども、足のむくみの原因になると言われております。

 

女性の体はデリケートですので、ちょとしたことですぐに体にでてしまうのです。

 

ストレスを感じてイライラが溜まる生活をしていると、いつの間にか、足が象の足に...なんてことも、あり得るわけです。

 

日常生活でストレスをあまりためないことと、水分の取りすぎにも注意しましょう。

 

水分を多くとると、そのぶんトイレの回数も増えますので、人より多くトイレにいく人は、水分の取りすぎと思ったほうが良いでしょう。

 

塩辛い塩分を多くとると、そのぶん水分も多くとってしまうので、塩分控えめにするなど、食事にも気を付けましょう。

 

食事に醤油や塩など、多くかける習慣がある方は危険ですので注意しましょう。

 

塩分はむくみだけではなく、体にもよくありません。

 

むくみは足を太くする外見的なことだけではなく、健康も害する場合があります。

 

 

むくみでも、数日後にむくみが引いていたら問題はありませんが、何日にもわたって、むくみがとれないようなら、体の不調のサインかもしれませんので、病院にいくとをおすすめします。

 

歩き方を見直そう

 

また、太ももが太くなる原因としては、歩き方に原因があるとも言われております。

 

 

X脚や内股な人、足を極端に曲げて歩いていると、足が血行不良になります。

 

 

その歩き方が習慣になると、骨盤が歪んで腰が太くなってしまったり、太ももがパンパンに張ってきて、結果足が太くなります

 

 

歩き方に、癖のある人は、歩き方を改善さなければなりません。

 

かかとを中心に置いて、つまさきをまっすぐあげ、少し開き目にしてくのがコツです。

 

歩くときは、つまさきからではなく、かかとから地面におろして、ひざはまっずぐ伸ばして、まっすぐ歩くようにしましょう。

 

そうすることにより、足が太くなるのを防ぎます。

 

 

こういった内ももが太くなったり、むくんで太くなってしまった足をどうしたら、細く痩せれることができるでしょうか??

 

いくらダイエットを頑張って、体重が減っても、足は細くならないのが事実です。

 

ストレッチが大切

 

 

効果的なのはストレッチと言われております。

 

内ももにある筋の内転筋を鍛えることで、太ももがスリムになります。

 

 

ここで太もものストレッチを紹介します。

 

寝ながらのストレッチ

 

仰向けになり、足を90度に上げます。

 

足を床まで下ろさずに床から5センチぐらいの所で20秒以上とめます。

 

これを10セット繰り返します。

 

このストレッチでは内ももの筋肉を使いますので、細くなる効果が高くなります。

 

 

座るストレッチ

 

 

椅子に座って、内ももに座布団など挟みやすいものを、はさみます。

 

タウンページや分厚い雑誌なんかでもオッケーです。

 

できる人は、タウンページを二冊挟んでみましょう。

 

ガムテープでとめるなどして工夫しましょう。

 

そのまま足を、下げて上げるを繰り返します。

 

20セットはやりましょう。
この時手は頭の後ろでくむこがコツです。

 

 

 

立ってやるストレッチ

 

深呼吸しながらゆっくり、しゃがむ姿勢をとり、太ももが床と平行になるようにします。

 

 

ゆっくりと腰をあげ、体を上げます。

 

 

スクワットのような感じですが、これは大変内ももに効果があります。

 

スクワットよりもやりやすく、続けやすいので、疲れることなく、気楽にできます。

 

深呼吸で深く息を吐くことによら、溜まった老廃物を外へだしてくれます。

 

 

これを50回以上やりましょう。

 

途中で休憩しないことがコツです。

 

休暇してしまうと、せっかく鍛えた筋肉が元に戻ってしまいます。

 

 

 

あとは、つま先でたって、またかかとを下ろすという、つま先立ちストレッチもオススメします。

 

家事の合間や、電車の中でも手軽にできて、太ももを鍛えるのに効果があります。

 

通勤途中の電車では座せきに座らずに、立ってつり革を持ちながらストレッチするだけでも、美脚効果は断然違います☆

 

最低30回以上は続けてやりましょう。
少しやるぐらいなら、効果はありません。
筋肉は連続して動かしてこそ、効果が上がるのです。

 

このとき、足は少し斜め後ろに引くのコツです。

 

 

内ももは普段使わない箇所だからこそ、脂肪がついてしまうのですが、一番目立つ場所でもあります。

 

内ももを、スリムにするだけで、見違えるような美ボディになるでしょう!

 

 

少しの努力で美脚をゲットできますよ☆☆

 

でももっと簡単な方法が!!

 

 

ダイエットサプリメントなのです。

 

食事前にのむだけで、脂肪を吸着し排出してくれるんです。

 

だから内ももにも脂肪がつきにくく、キレイな脚へと導いてくれるのです。

 

ダイエットサプリメントは是非オススメです☆

 

美脚女になれます〜(*^o^)/\(^-^*)

 

おススメ関連サイトについて

 

イートミーはドラッグストアでも購入可能なのか!?